犬ヶ島 メイキング

『犬ヶ島』 メイキング

監督:ウェスアンダーソン

 

噂はかねがね聞いておりましたが、

先週ようやくアメリカで公開されたそうで、好評なようです。早く観たい。

日本公開は 5/25(金)、約2ヶ月も先ですが。

 

このメイキングではアニメーターに注目しており、

人形を動かすアニメーター達の姿を、定点カメラで捉えています。

滑らかに動く人形に対して、超高速で動き回る生身の人間。

「踊る」と言うより、「踊らされて」(振り回されて)いるようにも見える。

よーく観ていると途中で服の色が変わったりして、ひとつのカットを数日かけて撮ったことも伺える。

グリーンバックだったり、横に長〜いセットだったり、どんな環境下で撮影されているのがが見えるのも面白い。

日本語の音に合わせたリップシンクテストのカットも!

(日本語は音がはっきりしているから、英語とかフランス語とか中国語より動かしやすいのかも。)

 

さらに、緩やかな風になびく犬の毛とか、爆発の煙の描写とか、眼球の動きとか、

こんなとこまで動かしているんだ! 動かせるんだ!!

と思うと、さらに公開が待ち遠しくなります。

気を取り直して

おひさしぶりでございます。

しばらく更新が途絶えておりましたが、

心機一転、

これからはアニメーションのメイキングを集めていきたいと思います。

 

メイキングは、公式で公開されているものが沢山あるし、

制作の裏側が見られるのってワクワクしませんか?

「どうやって作っているんだろう」

と思うのも、作品の魅力のひとつだと思います。

 

不定期更新、3日に1本くらいの頻度で(目標)。

ところで、ロゴマークも変わっているに気づきました?

 

よろしくおねがいします。

残暑お見舞い申し上げます。

ざんしょおみまいもうしあげます

と描いたのですが…読めましたか?

オリジナルの残暑見舞い動画です。

残暑は何処へ?と言いたくなるほど今日は涼しい、、、

しかしまた来週から暑さがカムバック!するそうなので、みなさまお体にはお気をつけて。

日本アニメーション映画クラシックス

大分ご無沙汰してしまいました。

4月に入り年度も変わって心機一転、

これからまたボツボツ更新してまいりますので、どうぞ、よろしくお願いします。

 

さて、今年は国産アニメーション生誕100周年!

ということをご存知でしたか?

国産最古のアニメーション作品と呼ばれている『なまくら刀』(幸内純一)が制作されたのがかれこれ100年前。

ということで、

「日本アニメーション映画クラシックス」というサイトが立ち上がっていました。

http://animation.filmarchives.jp/index.html

 

東京国立近代美術館フィルムセンターが作成したこちらのサイト、

センターが所蔵するとても古くて貴重なアニメーションが太っ腹にもWEBで大量公開されています。

資料あり、映像あり、

様々なカテゴリー分けがされていて、どの角度から切り込んで見るもよし。

 

一日一本ずつ見ても、随分楽しめる!

 

もちろん、『なまくら刀』も観られます。