『カメラマンの復讐』ラディスラフ・スタレビッチ

『カメラマンの復讐』

ラディスラフ・スタレビッチ/ロシア/1912年 

 Cameraman’s Revenge (Ladislaw Starewicz)

 

主人公のカメラマン(カブトムシ)は妻(トンボ)の浮気相手(キリギリス)に復讐を企てる。

昆虫(おそらく本物)を使ったコマ撮りアニメーションでありながら、描かれているのはまさかのドロドロ不倫劇。しかし、昆虫なものだから、動きやしぐさがいちいちシュール。これが100年以上も前に作られたというから驚き。100年前にしてこのセンス、この技術。アニメーションとしてだけでなく、映画史的にも貴重な1本であることは間違いなし。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です