『本棚の世界』ガリク・セコ

 

 『本棚の世界』ガリク・セコ/チェコ/1982年

  Ex Libris (Garik Seko)

 

すごくバカバカしくも見えて笑っちゃうのだが、ふと我に返ってハッとする。

これは本を擬人化して描いた人間の生態。

哲学書、図鑑、小説、写真集、辞書、厚い本、薄い本、大型本、小さな本、様々なパーソナリティがあり、人間が演じていない為客観的に見られるのだが、だからこそ面白くもあり悲しくもあり、感慨深いものがある。

冷静に見られる分、色々考えさせられる。

リアルな音がとても気持ちよくて良い。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です