『ボディ・メモリー』ウロ・ピッコフ

『ボディ・メモリー』ウロ・ピッコフ/エストニア/2011

Body Memory(ÜLO PIKKOV)

 

風に揺れる枝が描くドローイング、走る列車、動く光、麻の紐

全てのものには命が宿り、その記憶が、性格が、性質がある。

この作品は、物に、素材に、見えない物にまで命を吹き込んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です