『おねがい なにかいって』デヴィッド・オライリー

『おねがい なにかいって』デヴィッド・オライリーアイルランド・ドイツ/2009年

Please Say SomethingDAVID OREILLY)

 

猫と鼠のバーチャル世界。(または、女と男のバーチャル世界)

 

もしあの時こうしていたら、もしあの時ああだったら、

皆一度は考えたことがあると思います。

でも、もしやり直せたとしても、必ずいい結末になるとは限らないのです。

物語はどこで終わるかわかりません。

物語は終わっても人生は続きます。

終わったと思っていたことも、まだ続いているかもしれません。

  

カクカクで棒人間風CGの猫と鼠に、結構ズシンと考えさせられます。

結構泣けてきます。

『おねがい なにかいって』デヴィッド・オライリー」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です