『ピングーの夢』 オットマー・グットマン

『ピングーの夢』

オットマー・グットマン/スイス/1980年代後半〜1990年代前半

Pingu‘s Dream(Otmar Gutmann

 

クレイアニメで有名な、ピングーのファーストシリーズの1エピソード。

眠りについたピングーが、夢の中で様々な奇妙な体験をするお話です。

一部ではトラウマ、と言われているようですが、

その原因は、後半に現れるあるキャラクター。

サイズもおかしければ、妙にリアルで、口を開けたところは特に衝撃的。

動物、というよりは口のおばけみたい。。。

メイが森の中でトトロに出会うシーンを彷彿とさせます。

私はとても好きなんですけどね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です