「映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』オープニングタイトル」 オリヴィエ・クンゼル、フロランス・デガ


「映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』オープニングタイトル」

オリヴィエ・クンゼル、フロランス・デガ/アメリカ/2002

ホラーでも、ミステリーでも、シリアスな話でもなく、

人間ドラマを描いた映画なはずだけれども、

こんなにもトーンもテンションも低めなオープニング映像が始まり、

最初とても驚きました。

なんとも言えない絶妙なバランスに、?と!が入り混じった気持ちになったことを覚えています。

不安定なリズムにマイナーな音階、

抑えめの音量にジャズのような自由な音、

記号的かつシンプルで、デザイン的なアニメーション、

要は、とてもスタイリッシュなのです。

このオシャレな雰囲気が、ソウルバスのOPアニメーションや、古いヨーロッパ映画を彷彿とさせます。

映画の時代設定が1960年代ですから、それを意識してのOPアニメーションなのでしょう。

今となっては、かなり好きなオープニングアニメーションです。

ちなみに

不思議なこの音楽、かのスターウォーズのテーマソングで有名な、

ジョン・ウィリアムスなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です