『花折り』川本喜八郎

『花折り』川本喜八郎/日本/1968年

Hanaori (Kihachiro Kawamoto)

今日の強風で残りの桜も全て散ってしまいましたが、

もう少し春の余韻に浸りたい。。。という願望から、

お花見を題材にしたこのお話を紹介します。

狂言の「花折」を題材にしたアニメーションで、

日本画や絵巻物のような平面的かつ立体的な背景画を背に

能面のようなユニークな顔をしたひょっとこや坊主が

美しい桜の木をめぐって繰り広げる愉快なお話です。

日本的で情緒あふれる美術が印象的。

またセリフがほとんどなく、抑揚のある面白い動きで見せるあたりも

とても狂言的に描かれています。

坊主のダメさ加減とお調子者加減が相まって、

憎みきれない愛嬌がなんとも絶妙です。

坊主のつるっと光っているおでこや、

目を瞑って微笑んでいるような表情や(一回だけ開きます)、

よく動く首がとても可愛らしい!

数少ない声の担当をされているのは、誰もが知っているあのお方です。

最後にクレジットされているので、皆様確かめてみてください。

川本喜八郎氏がチェコへの人形アニメーション留学から帰ってきて

最初に手がけた第1作目だそうです。

個人的にとても大好きなアニメーションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です