「プカドン交響楽」チャールズ・A・ニコルズ、ウォード・キンボール


Disney ’53 – Toot Whistle Plunk and Boom

「プカドン交響楽」

チャールズ・A・ニコルズ、ウォード・キンボール/アメリカ/1953

 

ディズニーの異色の短編。

この年この作品でアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞しています。

ディズニーならではの愛嬌たっぷりのキャラクターではなく、

デザインされたイラストタッチの絵柄が特徴的。

色合いもおしゃれで、同時期勢いのあったUPA(「ジェラルドマクボインボイン」など)に影響を受けたのかしら。

楽器の歴史を面白おかしく教えてくれる楽しい作品。

英語がわからなくても、絵や音楽や動きなどでなんとなくわかるような気がする。

 

  • ちなみに原題の「Toot Whistle Plunk and Boom」は楽器のなる音を意味しています。

 

6月6日は楽器の日、と言うことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です