『おなか』ジュリア・ポット


Belly, by Julia Pott

『おなか』ジュリア・ポット/イギリス/2011

アンバランスなのに心地いいい。

グロテスクなのに気持ちいい。

極端に鼻の短いゾウ

理性が宿りすぎている目

毛深いおみ脚

具体的すぎる指

描写の力の入れ具合と抜き具合がとても偏っていて、

危うくもあるのだけれど

絶妙なバランスでズバリ気持ちいいところに収まっています。

波のゆらぎ、風のゆらぎ、線のゆらぎ

ゆらぎのリズム、色や線、音の心地良さも相まっているな、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です