広島国際アニメーションフェスティバル2016レポート_3日目 & コンペ結果

さて、広島国際アニメーションフェスティバル2016、3日目。

個人的最終日の、3日目。。。

 

朝イチでチェコの特撮映画の巨匠、カレル・ゼマンのドキュメンタリー『映画界の冒険家 カレル・ゼマン』を、

続けてフランスの長編アニメ『ファントム・ボーイ』を鑑賞しました。

どちらも素晴らしかった!

 

やっぱり映画は映像はアニメーションは、発明だ!

どうやって作っているんだろう? ままさか、そんな方法で作られているなんて!

純粋なそんな思いが今でもアニメーションへの好奇心を掻き立てているんだな、と改めて感じました。

作品を見ていなくても、メイキングを見ているだけで味わえる多幸感。。。

そして、恥ずかしながらカレル・ゼマンの特撮映画を見ていないことを本当に本当に悔やみました。

見ていたらもっと幸せな気持ちになれたはず!悔し恥ずかし!

そしてそして、ティム・バートン、テリー・ギリアム、ハリウッドの巨匠にまじり、なんと、山村浩二さんが!

アニメーション愛に満ち溢れていました。恐るべし。

 

続けて鑑賞した『パリ猫の生き方』改め『パリ猫ディノの夜』のグラン・ギニョル監督の新作『ファントム・ボーイ』

2015年の作品にもかかわらず。公開が決まっていないようなので、ここで見ておかなければ!と意気込み、カレル・ゼマン後だったことも手伝って、熱量高めで鑑賞しました。

登場人物の特殊な設定により、自由に夜の街を飛び回る描写が、前作の夜を駆ける抜ける猫よりもさらに優雅で、

絵柄の可愛さやおしゃれさも加わり、本当に気持ちの良いアニメーションでした。

ぬるっとふわっと感がハンパなかったです。

公開決まらないのかな。。。

 

というところで、時間切れ。私の広島レポートはここまで。

もう少し広島に居たい気持ちを抑え、泣く泣く新幹線に飛び乗ったのでした。

最後の広島感、穴子飯弁当を頬張りながら、

ニューステロップでリオ オリンピックでの日本のメダル数がすごいことになっていることを知り、この時やっと我に返った気がします。夢のようなアニメーション三昧はもうおしまい。

ありがとう広島、さようなら広島。

lastpsd

 

最後に、コンペティションの結果をまとめて、広島国際アニメーションフェスティバル2016レポートを締めさせていただきます。

トレイラーが見つかったものはリンクを貼りました。

 

グランプリ

■「空き部屋(The empty)」ダヒ チョン/ Dahee Jeong

 

ヒロシマ賞

■「Among the black waves」アンナ ブダノヴァ/ Anna Budanova

 

デビュー賞

■「Yùl and the Snake」ブリエル アレル/ Gabriel Harel

 

木下蓮三賞

■「Peripheria」ダヴィッド コカール ダソ/ David Coquard Dassault

 

観客賞

■「The Gossamer」ナターリア チェルニェソヴァ/ Natalia Chernysheva

 

国際審査員特別賞

■「Two Friends」ナターリア チェルニェソヴァ/ Natalia Chernysheva

 

■「One, Two, Tree」ユリア アゴノバ/ Yulia Aronova

 

■「Before Love」イゴール コヴァリョフ/ Igor Kovalyov

 

■「FEED」岡崎 恵理

 

■「ZEPO」セザール ディアスメランデス/ Cesar Diaz

 

■「Chulyen, a Crow’s tale」アニエス パトロン、セリーズ ロペズ/ Agnès Patron, Cerise Lopez

 

■「サティの ”パラード”(Satie’s “Parade”)」山村 浩二

 

■「Life with Herman H. Rott」チンティス ルンドゥグラン/ Chintis Lundgren

 

■「The master」リホ ウント/ Riho Unt

 

■「The Sleepwalker」テオドル ウシェフ/ Theodore Ushev

 

■「Nœvus」サミュエル ヤル/Samuel Yal

 

■「ナポリタンの夜」坂元 友介

 

以上。ご精読ありがとうございました。

夏ももう終わりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です