『悲しみの白クマ』コ・ホードマン

『悲しみの白クマ』コ・ホードマン/1992/カナダ

The Sniffing Bear(Co Hoedeman)

 

出てくる動物が全部紙で描かれています。

白クマ、白フクロウ、アシカ、オオカミ

立体アニメーションなのですが、紙を切り抜いて作られています。

 

和紙の紙漉き体験で作るような荒い目のテクスチャだったり、

黒いつぶつぶのテクスチャが入っていたり、

黒っぽい中に白みがかったテクスチャがついていたり、

キャラクターに合わせて紙も使い分けられています。

それが動物の毛並みの違いのようにも見えてくるんですよね、不思議。

そしてもちろん紙ですから、ペラペラなんです。

向きを変える時、振り返る時、倒れる時、ペラリーンとしなります。面白いでしょ。

素材感丸出しなのですが、でも、動きはとっても繊細です。

おそらく、何百枚、何千枚と置き換えの型を用意しているのでしょう。

気が遠くなりそう。。。

ものすごくシンプルでありながら、ものすごく手の込んだことをしているんですね。

お話もとってもシンプル。ダメ、絶対。的な。

動物で描くからこその強度があります。彼は生きることを選択した。

強い!

白クマの悲しみとは、果たして何だったのでしょう。