『Tom Sweep』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

『Tom Sweep』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット /オランダ / 1992

Tom Sweep(Michaël Dudok de Wit)

 

「Sweep」 は英語で「ほうきで掃く」の意味で、『Tom Sweep』は『掃除屋トム』とでも言いましょうか。

初長編監督作品『レッド・タートル ある島の物語』がジブリから公開中の、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の初期短編作品です。

『岸辺のふたり』が2000年の作品なのでそれよりも8年前、

マイケル監督の作風の特徴である、セピア調の色合いや、緩急のついた楽しい動きや、動きで表す感情・ストーリーテリングは既にこの頃に出来上がっていたのですね。

『レッド・タートル』に出てくるカニの親子のコミカルな演出は、この作品に通ずるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です