『オクトキャット・アドベンチャー5』/ ランディ・ピーターズ / 2008

『オクトキャット・アドベンチャー5』/ ランディ・ピーターズ / 2008

OCTOCAT ADVENTURE 5(Randy Peters)

 

オクトキャット・アドベンチャー シリーズ最終話。

ラスボス登場。まさか、あれが、巨大オクトキャットだったなんて!

と思ったのもつかの間、

突然終わる

ではなくて、突然3D世界に突入。

3Dになっても拙い描写はそのまま活かされていて、面白いです。

しかし、なぜラスボスと戦っているのかはわからないまま、

戦いに勝利し、帰る道のりの寂しいこと。

そしてその寂しい音楽に耳をすませ何か気づくはずです。

そう、日本語です。

なぜ?

 

なぜ?なぜ?に包まれた作品ですが、

オクトキャット・はここでおしまいです。

見終わった後の、突き放された感じや、途方も無い感じは、まるで浦島太郎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です