『The House』ダーヴィド・ブオブ

『The House』 ダーヴィド・ブオブ/ドイツ/2011

The House( David Buob)

 

天地左右、視点が自由自在で

壁が天井になったり、床が壁になったり、さらには描かれているものに回り込んで、ペラッペラの薄っぺらな紙のように見えたり。

落書きのようなイラストが、空間の中を自由に動き回り、まるで水槽の中を覗いているかのよう。

水槽のガラスと中に入っている水がレンズの効果になって、覗き込むと目がおかしくなるアレです。

水彩風の色むらと、ラフスケッチのような鉛筆線の輪郭が

3D空間の中でのびのびと蠢いています。

別世界に迷い込んでしまったかしら。

 

髪の毛がワカメになったり、パスタが金髪になったり、椅子が歩き出したり、

連想ゲームのような予想外の展開の中に、

繰り返しの中少しずつ違っていく展開に

さらに酔いしれること間違いなしです。

 

訳も分からず巻き込まれて、気付いたら鼻歌歌っているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です