『piper』 Alan Barillaro

最後は、『piper』 Alan Barillaro

邦題は『ひな鳥の冒険』。

CGアニメーションの老舗、ピクサーの作品です。

非常にリアルな描写と綿密な仕草や表現で描かれる、ひな鳥の成長譚です。

水の表現(とりわけ海の波や泡)はここまで来たか!と。

この作品は一般公開されており、ファインディング・ドリーの公開に併映されていたので、

唯一多くの人が目にしたことのある作品ではないでしょうか。

 

監督のアラン・バリラーロ氏は、イタリア出身のアニメーション作家で、

ピクサーでアニメーターとして多くの長編作品に携わってきました。

先日発表された、第44回アニー賞ではこの作品でBest Animated Short Subjectを受賞しています。

 

ちなみに、

今年の短編アニメーション賞にノミネートされている『Borrowed Time』にもco-animatoreやco-directorなどとして携わっているそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です