『pearl』Patrick Osborne

4本目は、パトリック・オズボーン監督の『パール』。

 

3DCGで制作されたアニメーションですが、構成が少し変わっています。

YouTUBEで見ることができ、上に表示される矢印を駆使すると画面を360°回転させることができます。

とってもVR的。

全てが車中一点からの眺め(回転できるので、一点ではないかもしれませんが)で構成され、

時間帯や風景、運転者が変わって行くことで、タイムラインやストーリーを表しています。

この監督さんは、一昨年『feast』でもアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞しています。

『pear cider and cigarettes』ROBERT VALLEY

しばらく更新できずにいたら、もうアカデミー賞前日(当日?)になってしまいました!

急いで、他の作品についてまとめます!

 

3本目のノミニーは、『pear cider and cigarettes』ROBERT VALLEY

2D・3Dで描かれる、実話をベースに作成された作品です。

こちらの作品も公式HPがあります↓

http://www.pearciderandcigarettes.com/

 

 

キャラクターの描き方や雰囲気がアメコミ的な印象で、

ビジュアルやグラフィックにとても力を入れている印象です。

ヒップホップやテクノのMVなんかと相性が良さそう。

 

先日発表された第44回アニー賞で Best Animated Special Productionを受賞しています。

 

製作のパッション・アニメーション・スタジオは、

イギリス、アメリカ、フランス、オーストラリアの世界4カ国にスタジオを構えているようですが、

この作品の制作国がカナダになっていることから、

監督のロバート・バレー氏はカナダ人のようですね。

 

パッション・アニメーション・スタジオのHPの、ロバート・バレー氏のページから、

他の作品の予告編なども見られます。

 

ROBERT VALLEY

「Shinjyuku(chapter1)」という、新宿を舞台にした作品も作成しているようですね。

chapter1 ということは、シリーズで何作かあるのかな。

街並みや看板の表記から、めちゃくちゃな漢字や日本語は見受けられないのでちょっと安心しました。

Lou Hamou-Lhadj & Andrew Coats

2作品目は、

『BORROWED TIME』のLou Hamou-Lhadj & Andrew Coats

彼らはピクサースタジオのスタッフで、仕事の傍ら空いた時間に、あしかけ5年かけてこれを作り上げたそう。

 

ルーはピクサーの短編・長編、様々な作品でキャラクターアーティストを務めています。

アンドリューはブルースカイスタジオで『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』や『アイス・エイジ』などのCG作品でアニメーターを務めたのち、ピクサーに参加します。

彼らは同じ学び舎で映画を学んだ同窓生で、ピクサーで再会し、この作品を作り上げたそうですよ。

 

ちなみに、かっこいい公式WEBサイトがあります↓

http://borrowedtimeshort.com/

 

世界中のアニメーション映画祭で、たくさん受賞している!

Theodore Ushev 

先日アカデミー賞の短編アニメーション賞のノミネート作品をご紹介しましたが、

続いてノミネート作品を作った作家さんのことをご紹介しようと思います。

今日は、『Blind Baysha』のテオドル・ウシェフ(Theodore Ushev)さんの他の作品をご紹介します。

『Tower Bawher』

実はこれ、3D(立体視)の作品なんです。(YOU TUBEに上がっているのは2D版ですけれども)

無機質な幾何学模様が、キビキビと動き回る様が、せっせと気持ちをせっついてくる。

この高揚感。怖いもの無し感。

テンションを上げたい時に、背中を押してくれそう。

いや、ちょっとどころか、ドスンと押し出されそうな。。。

勇ましすぎる力強さ。少し怖いくらい。

ロシアアバ ンギャルド、プロパガンダを彷彿とさせる作品です。

 

ちなみに、ノミネートされている『Blind Vaysha』も3Dで作られており、

そっちは、これとはちょっと違った3Dの使い方で

目に見えるものや重なり、3Dであることにも意味が込められており、

こちらは違った力強さと説得力を持った作品です。

(アカデミー賞ノミネート作品で、私が唯一見たことがあるのがこれです)

 

しかし、この作品の幅広さ。

絵ひとつ取っても、同じ作家のものとは思えぬほど。

技があるんでしょうね。

共通点は、センスの良い色彩と、グラフィカルな画面構成でしょうか。

Oscar2017 short film (animatied) nominees

大分、ご無沙汰してしまいましたが、、、

先日アカデミー賞のノミネートが発表されたことにちなんで

短編アニメーション賞のノミニーのトレイラーをご紹介します。

アカデミー賞において、短編アニメーション賞は非常にマイナーな位置におり、

世界の映画祭のアニメーションの賞とも違うカラーがありますが、

映画の祭典アカデミー賞で選ばれるということは、やっぱりとっても素晴らしいことで

その影響力は絶大なるものがあります。

 

それはともかくとして

ひとまずご覧ください^ ^

 

『blind Vaysha』

 

『Borrowed Time』

 

『Pear Cider and Cigarettes』

 

『Pearl』

 

『ひな鳥の冒険』