アカデミー賞予想2017

予想:『ひな鳥の冒険』(原題『piper』)

 

個人的には手法や内容から、非常に挑戦的かつ芸術的な表現の『Blind Vaysha』にとってほしいところですが、

一目瞭然の高い技術と端的なストーリー、

そして一般公開もされ、知名度の高い『piper』がとるのではないかと思います。

 

アカデミー賞における短編アニメーション賞の地位は、

メジャーな賞(作品賞や監督賞、主演男優・女優賞など)と比較し、とてもマイナーな賞であることは否めません。

作品自体を目にする機会も圧倒的に少なく、シアターで見る人はほとんどいないと思います。

投票用に配られた映像素材で見るか、見ずに投票する人も多いのではないでしょうか。

アカデミー賞は、映画の出来や芸術性をはかるものではなく、

時代や政治、社会情勢を反映させた、ハリウッドの長編映画の為の祭典ですからね。

 

ちなみに、長編賞は『ズートピア』がとると予想。

『レッド・タートル』も味わい深い素晴らしい作品だし、

日本が舞台のパペットアニメーション『Kubo and the two strings』もとても興味深い作品ですが、

トランプ氏が大統領になり、政策について色々物議を醸し出している昨今

まさにそんな社会のことを描いているドンピシャな作品が『ズートピア』なので、これはかたいでしょう。

 

さて、実際はどれがとるのでしょうか。明日はお祭りです!