『piper』 Alan Barillaro

最後は、『piper』 Alan Barillaro

邦題は『ひな鳥の冒険』。

CGアニメーションの老舗、ピクサーの作品です。

非常にリアルな描写と綿密な仕草や表現で描かれる、ひな鳥の成長譚です。

水の表現(とりわけ海の波や泡)はここまで来たか!と。

この作品は一般公開されており、ファインディング・ドリーの公開に併映されていたので、

唯一多くの人が目にしたことのある作品ではないでしょうか。

 

監督のアラン・バリラーロ氏は、イタリア出身のアニメーション作家で、

ピクサーでアニメーターとして多くの長編作品に携わってきました。

先日発表された、第44回アニー賞ではこの作品でBest Animated Short Subjectを受賞しています。

 

ちなみに、

今年の短編アニメーション賞にノミネートされている『Borrowed Time』にもco-animatoreやco-directorなどとして携わっているそうですよ。

Lou Hamou-Lhadj & Andrew Coats

2作品目は、

『BORROWED TIME』のLou Hamou-Lhadj & Andrew Coats

彼らはピクサースタジオのスタッフで、仕事の傍ら空いた時間に、あしかけ5年かけてこれを作り上げたそう。

 

ルーはピクサーの短編・長編、様々な作品でキャラクターアーティストを務めています。

アンドリューはブルースカイスタジオで『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』や『アイス・エイジ』などのCG作品でアニメーターを務めたのち、ピクサーに参加します。

彼らは同じ学び舎で映画を学んだ同窓生で、ピクサーで再会し、この作品を作り上げたそうですよ。

 

ちなみに、かっこいい公式WEBサイトがあります↓

http://borrowedtimeshort.com/

 

世界中のアニメーション映画祭で、たくさん受賞している!

スポンジボブのクリスマス(抜粋)


It’s aSpongebob Christmas – Santa Arrives

スポンジボブのクリスマス(抜粋)

 

これは抜粋のようで、全編ではありませんが、

スポンジボブのクリスマススペシャルバージョン、

パペットアニメーションバージョンです。

スポンジボブが、本当にスポンジなんですよ!

当たり前ですが、、、

パペットになった時に、ちゃんと本物のスポンジでできていることに、

なんかちょっと、勝手に感動(興奮)気味です!!

こんな愉快なクリスマスもいいですね。

メリークリスマスイブ!!

「ダンボより ピンクの象の行進」ベン・シャープスティーン

「ダンボより ピンクの象の行進」ベン・シャープスティーン/アメリカ/1941

Dumbo Pink Elephants on Parade(Ben Sharpsteen)

 

短編ではありませんが、長編アニメーションの中から有名なワンシーンをご紹介します。

ディズニーの「ダンボ」より、ピンクの象の行進のシーンです。

酔っ払ったダンボが幻覚を観る表現で用いられているのが、「ピンクの象の行進」。

お酒やドラッグにより酩酊状態になり幻覚を見ることを、「ピンクの象が見える(Seeing pink elephants)」と表現されることからこのようなシーンになったのでしょう。

黒バッグ浮かび上がる、鮮やかなピンク色。

色数は決して多くないものの、絶妙な色彩構成がとってもかっこいいんですよね。

音楽に合わせて伸びたり縮んだり増えたり減ったり変幻自在。

しかし、底抜けに楽しい!というよりは、ちょっと病的で、

真っ黒に抜けた瞳は、怖さを醸し出しています。

子供が見たら、トラウマになるかも、、、

その危ういバランスが癖になります。