『ディスク・ジョッキー』イジー・バルタ/チェコ/1980

『ディスク・ジョッキー』イジー・バルタ/チェコ/1980

Disk Jockey(Jiří Barta)

ディスク・ジョッキーの男の手元から始まる1日。

あれも円、これも円、また円、こんなにも円、

円のイメージの連鎖で進む日常。

徹底的に構成されたビジュアルが、無理なく自然な日常を紡ぎ出しており、お見事!

色のつくタイミングも絶妙で、ぼーっとしているといつからカラーになっていたのかも見落としてしまいそうです。

かなりキッチリ構成されているけれども、堅苦しくなく、

むしろ70年代の名残を感じる、ファンキーな雰囲気がたまりません。

最後の最後まで演出が続くところもお見事。やめられないとまらない、的な。

とにかくかっこいいアニメーションです。

『おやすみなさいこどもたち(エンディング)』ユーリ・ノルシュテイン


『おやすみなさいこどもたち エンディング』ユーリ・ノルシュテイン/ロシア/1999

 

ロシアの巨匠、ユーリ・ノルシュテインが作った、こどものためのTV用のアニメーションです。

子供部屋のおもちゃも寝る時間。みんな、おやすみなさいの時間。

温かいお布団に包まれて、ぐっすり眠りたい。

これを見ていたら、子供の頃、お風呂から出て寝るまでのあの時間、寝間着でそわそわしていたあの感覚を思い出しました。

しかし、何でしょう、どことなくおもちゃたちがおもちゃらしくないというか、

おもちゃが動いているというよりも、そういう生き物がそこにいるような、

妙に生々しくてみずみずしくて生き生きとしたキャラクターたちの描写に、

ちょっとドキッとします。

美しいと恐ろしいは紙一重というか。

『悲しみの白クマ』コ・ホードマン

『悲しみの白クマ』コ・ホードマン/1992/カナダ

The Sniffing Bear(Co Hoedeman)

 

出てくる動物が全部紙で描かれています。

白クマ、白フクロウ、アシカ、オオカミ

立体アニメーションなのですが、紙を切り抜いて作られています。

 

和紙の紙漉き体験で作るような荒い目のテクスチャだったり、

黒いつぶつぶのテクスチャが入っていたり、

黒っぽい中に白みがかったテクスチャがついていたり、

キャラクターに合わせて紙も使い分けられています。

それが動物の毛並みの違いのようにも見えてくるんですよね、不思議。

そしてもちろん紙ですから、ペラペラなんです。

向きを変える時、振り返る時、倒れる時、ペラリーンとしなります。面白いでしょ。

素材感丸出しなのですが、でも、動きはとっても繊細です。

おそらく、何百枚、何千枚と置き換えの型を用意しているのでしょう。

気が遠くなりそう。。。

ものすごくシンプルでありながら、ものすごく手の込んだことをしているんですね。

お話もとってもシンプル。ダメ、絶対。的な。

動物で描くからこその強度があります。彼は生きることを選択した。

強い!

白クマの悲しみとは、果たして何だったのでしょう。

『話の話』ユーリ・ノルシュテイン

『話の話』ユーリ・ノルシュテイン/ロシア/1979年

Tale of Tales (Yuri B. Norstein)

廃墟に一人で暮らす狼の子供は、泣きわめく赤子をあやして子守唄を歌う。

光に包まれる幻想の中で、詩人は詩を書き、雄牛は縄跳びをする。

広場でダンスを踊る夫婦は、やがて一人二人と減っていき、妻だけが取り残される。

戦争の面影。

記憶と経験を紡いだ美しくて悲しい極めて私的で詩的なアニメーション。