『クロモフォビア』ラウル・セルヴェ

『クロモフォビア』ラウル・セルヴェベルギー/1966

Chromophobia(Raoul Servais) 

昔のヨーロッパ映画のポスターのような絵柄や色使いが

可愛らしくオシャレで、

見ているだけでも面白いのですが、

規制と自由

均一と個性

暴力と平和

モノクロームとカラフル

とても強くシンプルなメッセージを

明確な対比で表現し、

わかりやすく面白可笑しく描き出す

風刺の効いたアニメーションです。