『月世界旅行』ジョルジュ・メリエス

『月世界旅行』ジョルジュ・メリエス/フランス/1902

Le Voyage dans la Lune / A Trip to the Moon (Georges Méliès)

 

今年の台風は強大で、

やんややんやと休む間もなく押し寄せてきます。

中秋の名月はかろうじて雲間から見上げることができました。

また、再びの強力な台風がせまっていますね。

お月さまもヒヤヒヤしながら見下ろしているのではないでしょうか。

さて、今日はお月さまのお話です。

それも、とっても古い、今から114年前に作られた作品です。

このお月さま、世界一有名なお月さまじゃないでしょうか。
映画として、通してまるまる見たことのある人は少ないかもしれませんが、
頭にロケットが刺さった、口が裂けたピエロのような不気味なお月さまの顔は、
一度は見たことがあるのではないでしょうか?
この機会に、ぜひ通して見てみてください。

これがアニメーションかどうか、と問われたら、微妙なところかもしれません。

おそらく、実写か、特撮か、アニメーションか、

そんな分類すらなかった、

映画が生まれて間もない頃の作品なのですから。

列車がカメラに向かって動き出すだけで、

轢かれるー!!!

と大パニック、失神する人が出るほど大騒ぎした時代です。

でも、
人や物が瞬間移動したり、
一コマ一コマ細工をして色をつけたり、

コマとコマの繋がりが生み出す不思議な効果や魅力は、根本的にはアニメーションとおなじと言っていいでしょう。

映画の垣根が曖昧だった頃の、
工夫に満ちた愉快な作品です。

私のアイコンもお月さまですが、
彼にはとてもかなわない。

お月さま先輩。

『愉快な百面相』J.S.ブラックトン

『愉快な百面相』/J.S.ブラックトン/アメリカ/1906

Humorous Phases of Funny Faces (J. Stuart Blackton)

他にも諸説ありますが、

一番古いアニメーション作品と言われています。

目玉がギョロギョロと動いたり、

線が延びてが人の形が形成されたり、

煙が画面を包み込んだり、

最初のアニメーションは黒板に描かれたチョーク絵で作られました。

駅に到着した電車の映像を見て

「轢かれる!」と大パニックになったという当時ですから、

初めて見る動く絵に大層驚いたのではないでしょうか。

しかし、

人気テレビアニメのEDテーマで使われたり、

卒業式シーズンの今時、サプライズ祝いで人気な黒板アート。

今も昔も根本は同じです。

絵や物がコマ単位で動くこと。